子供のしつけの悩み110番

サイトマップ

赤ちゃんのサイクル

子供は午前中が勝負

お菓子とジュースは?

お昼寝・就寝について

上手な叱り方としつけ方

仕事と育児の両立は?

夫婦で二人三脚の育児

ママのストレス解消

ママ友達との付き合い

子供のしつけと体罰の是非

子供のしつけでよくある相談として、「尻叩き(お尻ペンペン等含む)などの体罰は、良いのかどうか?」と言う事があります。

キーワード

管理人自身も、幼い頃、おねしょをした時には、必ず尻をたたかれました。私は泣き虫で、それで延々泣いていたのを覚えていますね^^;

現代ではそういった体罰による方法が是非が良く問われますが・・・

基本的には子供の羞恥心を伴い自尊心も傷つけられる・精神的なトラウマが残る可能性もあるために、体罰をしないのがベストです。

しかしながら・・・

  • 「何度言っても約束を守る事が出来ない」
  • 「わがままを言って、言う事を聞かない」

などなど、対応に悩むケースも多々あるかと思います。

この場合、既に子供が親の言う事を理解できる年齢で、かつ、どうしても言う事を聞かない場合にのみ、時として、そういうお尻ペンペンなどのしつけも止むを得ないかと私は思います。(絶対、その他の箇所を叩くのはダメですし、頻繁に行うものでもありません!)


ポイント

今の世の中、親や目上の人に対して、礼儀を欠いたり、ため口を聞く子供が増えているそうです。

私自身、これは家庭の中で、子供の十分に「社会的な秩序」「家族の序列」そして、「社会の中での位置関係」を覚えさせない親に原因があるのではないかと思います。


子供と犬を一緒に論じるのもどうかと思いますが・・・

よく、「ペットの犬が主人である夫が帰宅すると吠える、噛み付く」と言うのがあると思います。これは、犬が家族内での序列などを理解してないために起こるそうです。

この事例ように、親に対してタメ口を聞くというのは、一重に子供が家族の中での自分の立場関係を理解していないために生じると私は思います。

よく勘違いされている親御さんが居ますが・・・
子供をかわいがる事=甘やかす事ではありません。

将来、保育園、幼稚園そして小学校へと集団生活せざるを得ないのですから、大切な社会性のある人間に育てるための教育を幼児期に行うのは非常に大切な事ですし、それを理解させてあげるのが親としての責務であり責任だと思います。


▼放射能不検出の「安心野菜セット」を宅配サービスで!


ママと赤ちゃんのごはん、考えてますか?
大地を守る会のお試し野菜セット


学歴不問!再就職にもつながる主婦に人気の資格とは?


>>介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』

「子供のしつけ」に悩んだら、この3冊!




プロフィール

ブログ管理人

管理人は宮城県に住む二児の母親で、仕事は小学生を対象にした学習塾の講師をしています。

家庭と仕事場の両面で色々な子の面倒や指導をしているのもあり、子供のしつけ方や教育方法について学ぶワークショップにも度々参加し、日々勉強をしています。

昨今になって「食育」という言葉をよく耳にします。今では、専門の指導士としての食育アドバイザーやインストラクターさんまで居ますし、専門の教材も多く出ています。

私自身、子供のしつけで一番大事なのは食事だと思っています。

食べるという人間の原点をきちんと教える事は、他の「人との接し方」であったり、「他人を思いやれる心を持てるかどうか」などにも大きく関わってくると思うんですね。

例えば、食事の時に、相手にお箸を渡してあげるとか、料理を作るときにお手伝いして貰うとか、食事と一言で言っても、その中でわが子に教えられる事は色々ありますよね^^

当サイトでは、幼児からの食育についても触れていますので、宜しければ、あなたも食事と言う基礎的な所から、育児のやり方を見直してみて下さい。

躾

サブコンテンツ