午前中の遊び方が一日を左右する(1歳から)

午前中の遊び方が一日を左右する(1歳から)

1歳頃の幼児になると、そろそろお昼寝は午後に一回だけというリズムがついてきます。午前中にたくさん遊んで、午後にぐっすりと2時間程度寝てくれると、お母さんもだいぶラクですね。

ただ、この時期に、まだどうしても午前中に寝てしまう場合、生活リズムの見直しが必要です。


親としては、できるだけ手がかからないように、たくさん寝てもらったほうが助かりますが、1歳になってもまだ午前中に寝ているということは、少々悪い生活習慣が見に付いてしまっている可能性があります。

午前中に寝てしまうと、午後からのお昼寝の時間が通常は午後1時頃からが理想的なのですが、午後3時頃や4時頃と、夕方近くにお昼寝をしてしまうのです。

そうすると、必然的に夜の就寝時間が遅くなります。夜10時11時に寝るというのが当たり前になってしまうのです。


夜寝るのが遅ければ、朝起きても、睡眠時間が短いので体がフル回転で動いてくれません。結果、午前中にダラダラと過ごしたり、ずっとグズグズしているようなことになります。そして、午前10時頃に寝てしまう・・・。

中には「無理矢理寝かせるのは、かわいそう」と感じるお母さんもいるようですが、無理矢理寝かしつけることは、最終的に規則正しい生活習慣を見につけるためのことですので、かわいそうと感じる必要はありません。

逆に、不規則な生活で、せっかくの学びの時間である午前中に、力を発揮できないまま貴重な時間をすごしていくことは、子供にとってマイナスになります。グズグズされるお母さんも大変です。


子供のしつけで一番重要な、規則正しい生活リズムを作るためには、午前中に思いっきり遊ぶことが重要ですので、体を使った遊びを目いっぱいして、午後にはたっぷりと睡眠をとるようにすると、必然的に夜の就寝時間も早まり、規則的な生活ができるようになります。

▼放射能不検出の「安心野菜セット」を宅配サービスで!


ママと赤ちゃんのごはん、考えてますか?
大地を守る会のお試し野菜セット


忙しいママに人気です♪


>>食品の定期宅配 !- スマートキッチン

赤ちゃんのサイクル

子供は午前中が勝負

お菓子とジュースは?

お昼寝・就寝について

上手な叱り方としつけ方

仕事と育児の両立は?

夫婦で二人三脚の育児

ママのストレス解消

ママ友達との付き合い

「子供のしつけ」に悩んだら、この3冊!




プロフィール

ブログ管理人

管理人は宮城県に住む二児の母親で、仕事は小学生を対象にした学習塾の講師をしています。

家庭と仕事場の両面で色々な子の面倒や指導をしているのもあり、子供のしつけ方や教育方法について学ぶワークショップにも度々参加し、日々勉強をしています。

昨今になって「食育」という言葉をよく耳にします。今では、専門の指導士としての食育アドバイザーやインストラクターさんまで居ますし、専門の教材も多く出ています。

私自身、子供のしつけで一番大事なのは食事だと思っています。

食べるという人間の原点をきちんと教える事は、他の「人との接し方」であったり、「他人を思いやれる心を持てるかどうか」などにも大きく関わってくると思うんですね。

例えば、食事の時に、相手にお箸を渡してあげるとか、料理を作るときにお手伝いして貰うとか、食事と一言で言っても、その中でわが子に教えられる事は色々ありますよね^^

当サイトでは、幼児からの食育についても触れていますので、宜しければ、あなたも食事と言う基礎的な所から、育児のやり方を見直してみて下さい。

躾

サブコンテンツ

サイトマップ