朝ご飯は絶対食べるが基本

朝ご飯は絶対食べるが基本

離乳食が一日3回になってきた頃、朝ご飯という習慣をつけたほうが良いです。

離乳食完了期になると、もう母乳やミルクも卒業です。できるだけ食事から栄養を摂取するように心がけなければいけません。ですので、朝ごはんもしっかりと食べさせたいところ。

そのためには、まず「朝にしっかり起きている」ことが重要です。


人間は、起きたてでご飯を食べることは難しいです。目を覚ましてからしばらくしてから、やっと朝ごはんが食べられるようになりますので、朝ごはんの時間より20-30分程度早く目が覚めていることが必要です。

そのために必要な子供のしつけとして、朝起こす習慣を生後3ヶ月頃から行っておくことが必要です。


朝ごはんは、基本的には腹持ちのよい米を主食とします。基本的にはお昼まで何も食べないことを考えて、パンや麺類よりも腹持ちのよい米を選ぶことがよいでしょう。

おかずは何でもかまいませんが、あっさりしたものや子供が好きなもので良いです。どうしても朝ご飯を食べない子供が多い中、とにかく食べる習慣をつけるためには、好物などのきっかけ作りも大切です。


また、できるだけ家族揃って食べるようにし、子供が一人でポツンと食べさせるようなことはやめましょう。

遊び食べの原因にもなりますし、食べることの楽しさを教えるためには、少なくとも家族の誰かと一緒に食べることが必要です。これも、幼児期における食育の一貫です。

子供によっては、2歳未満で、どうしても食が進まない場合は、フルーツやヨーグルトなどでも大丈夫です。とにかく、朝に食べるという習慣が重要なのです。

ただし、2歳以上になって、良いことと悪いことの区別がつくようになってきたら、いつまでも甘やかさずにしっかりと朝食ととらせなければいけません。

▼放射能不検出の「安心野菜セット」を宅配サービスで!


ママと赤ちゃんのごはん、考えてますか?
大地を守る会のお試し野菜セット


忙しいママに人気です♪


>>食品の定期宅配 !- スマートキッチン

赤ちゃんのサイクル

子供は午前中が勝負

お菓子とジュースは?

お昼寝・就寝について

上手な叱り方としつけ方

仕事と育児の両立は?

夫婦で二人三脚の育児

ママのストレス解消

ママ友達との付き合い

「子供のしつけ」に悩んだら、この3冊!




プロフィール

ブログ管理人

管理人は宮城県に住む二児の母親で、仕事は小学生を対象にした学習塾の講師をしています。

家庭と仕事場の両面で色々な子の面倒や指導をしているのもあり、子供のしつけ方や教育方法について学ぶワークショップにも度々参加し、日々勉強をしています。

昨今になって「食育」という言葉をよく耳にします。今では、専門の指導士としての食育アドバイザーやインストラクターさんまで居ますし、専門の教材も多く出ています。

私自身、子供のしつけで一番大事なのは食事だと思っています。

食べるという人間の原点をきちんと教える事は、他の「人との接し方」であったり、「他人を思いやれる心を持てるかどうか」などにも大きく関わってくると思うんですね。

例えば、食事の時に、相手にお箸を渡してあげるとか、料理を作るときにお手伝いして貰うとか、食事と一言で言っても、その中でわが子に教えられる事は色々ありますよね^^

当サイトでは、幼児からの食育についても触れていますので、宜しければ、あなたも食事と言う基礎的な所から、育児のやり方を見直してみて下さい。

躾

サブコンテンツ

サイトマップ