おやつは決まった時間以外はあげないこと

おやつは決まった時間以外はあげないこと

おやつは、決まった時間以外には食べられないものだと認識させることが、親の子供に対するしつけとしては最高の方法です。

子供は、決まった習慣を自然と体で覚えることが上手です。生後間もない時期から、毎朝の儀式のようにカーテンを開けて、顔を拭いてあげれば、朝が来たとわかるようになりますし、同じ時間に寝かせることで、「もう寝る時間だ」と認識することができるようになります。

ですので、おやつの時間をしっかりと決めることで、子供のお菓子の量も調整できますし、食事に影響を与えないようにコントロールできます。


理想的なおやつの時間は、10時と15時です。

午前中のおやつは、できれば飲み物だけにします。もちろん、これは朝ごはんをしっかりと食べていることが前提で、そうであれば飲み物だけで十分に満足できます。10時の段階でお菓子類を食べてしまうと、12時の昼食の量に完全に影響が出ます。

もしも、朝ごはんを食べなかった場合でも、10時のおやつは飲み物だけにして、決してお菓子は与えないことです。お腹が空いているので、満腹になるまでお菓子を食べてしまいますし、昼食もまた食べなくなります。


なお、これは途中で取り上げたら収集がつかなくなってしまいますので、最初から与えないほうが良いです。

昼食の時間を少し早めることで対応し、しっかりと朝ごはんを食べないとお腹がすいてしまうということを丁寧に説明しましょう。


15時のおやつは、飲み物とお菓子類やせんべい類、フルーツなどの固形物も与えます。タイミングとしては、「お昼寝から起きたらおやつ」ということを認識させたほうが良いです。

そうすると、お昼寝する時も、「たくさん寝たら、美味しいおやつを食べようね」とお昼寝を促すこともできます。


どのお母さんでも、お菓子の食べ過ぎはよくないと思っています。お菓子やジュースには糖分が多く含まれていますので、肥満や虫歯の原因にもなります。

しかし、もっと恐ろしいのは、大切な三食の食事がお菓子の影響を受けてしまうことです。お菓子で満腹になることを覚えると、食事をまともに食べることができなくなってしまいますので、注意が必要です。

▼放射能不検出の「安心野菜セット」を宅配サービスで!


ママと赤ちゃんのごはん、考えてますか?
大地を守る会のお試し野菜セット


忙しいママに人気です♪


>>食品の定期宅配 !- スマートキッチン

赤ちゃんのサイクル

子供は午前中が勝負

お菓子とジュースは?

お昼寝・就寝について

上手な叱り方としつけ方

仕事と育児の両立は?

夫婦で二人三脚の育児

ママのストレス解消

ママ友達との付き合い

「子供のしつけ」に悩んだら、この3冊!




プロフィール

ブログ管理人

管理人は宮城県に住む二児の母親で、仕事は小学生を対象にした学習塾の講師をしています。

家庭と仕事場の両面で色々な子の面倒や指導をしているのもあり、子供のしつけ方や教育方法について学ぶワークショップにも度々参加し、日々勉強をしています。

昨今になって「食育」という言葉をよく耳にします。今では、専門の指導士としての食育アドバイザーやインストラクターさんまで居ますし、専門の教材も多く出ています。

私自身、子供のしつけで一番大事なのは食事だと思っています。

食べるという人間の原点をきちんと教える事は、他の「人との接し方」であったり、「他人を思いやれる心を持てるかどうか」などにも大きく関わってくると思うんですね。

例えば、食事の時に、相手にお箸を渡してあげるとか、料理を作るときにお手伝いして貰うとか、食事と一言で言っても、その中でわが子に教えられる事は色々ありますよね^^

当サイトでは、幼児からの食育についても触れていますので、宜しければ、あなたも食事と言う基礎的な所から、育児のやり方を見直してみて下さい。

躾

サブコンテンツ

サイトマップ